ブログをご覧いただきありがとうございます!
福岡市東区香椎の整体院、体質改善整体 豊の宮原です^ ^

本日もお身体の痛み、体質のことでお悩みのあなたにとって、役に立つ情報をお伝えしていこうと思います!!

さて、最近は動作別に腰痛の原因となりうる筋肉についてお伝えしております。

前々回は『前屈をした際の腰痛』について、原因になりやすい筋肉
前回は『腰を反らした際の腰痛』について、原因になりやすい筋肉

でした!!

そちらの内容が気になる方はぜひ読んでみてくださいね^ ^

さて、今回は『側屈をした際の腰痛』について、原因になりやすい筋肉をお伝えしていこうと思います^ ^

動作別 腰痛の原因

側屈での腰痛編

前回、前々回とお伝えしてきたようにやはり〝腰痛だから腰が悪い〟というわけではなく、運動連鎖の問題。

腰を含む運動をした際の腰以外の関節や筋肉の硬さが原因で結果として、〝腰痛〟という症状が出てしまう。

という話でした^ ^

詳しくは『慢性痛の根本原因とは?』の投稿をご覧くださいね♪

さて、それでは今回は〝側屈をした際の腰痛の原因〟のお話ですので、まず側屈とはどういった運動なのか、お伝えしていきますね^ ^

側屈をいうのは身体を横に倒す運動ですね!

あまり側屈の運動単体で腰痛が出ることはありません。

だいたいの場合、前屈や腰を反らした際の腰痛と並行して痛みを訴えることが多いですね^ ^

右に体を倒す側屈の運動は、

まず骨盤帯が左方向に重心移動します。

そして腰椎、胸椎、の順に右に身体が倒れていき、

同時に右肩は下がり、左肩は上がります。

そして最後に首が右に倒れ、側屈という状態になります。

この動作の中で動く筋肉や関節の硬さが原因となり腰痛が発症します。

また右に側屈をした際に、〝右の腰が痛いのか〟〝左の腰が痛いのか〟でやはり原因は異なってきます^ ^

大方、右が痛いときは右側の問題、左が痛いときは左の問題ですが、、、

右の場合は右の筋肉が短縮されたことが腰痛の原因。

左の場合は左の筋肉が引き伸ばされたことが原因となり腰痛となります。

そしてそして、

重要な原因となることが多い筋肉は

  • 腓骨金(下腿)
  • 中臀筋(股関節)
  • 大腿筋膜張筋(股関節)
  • 腹斜筋(腹部)
  • 前鋸筋(肩甲骨)
  • 広背筋(肩甲骨)
  • 上腕三頭筋(上腕)


こんな筋肉です^ ^
(今回も図は出しませんので、詳しく知りたい方は前にさかのぼって『慢性腰痛の根本原因』という記事を読んでみてください。)

珍しいのは腕の筋肉(上腕三頭筋)も原因になる、というところでしょうか?^ ^

まさか腕の筋肉が腰痛と関係あるなんて思わないですよね?^^;

しかし、こんなところが腰痛の原因となっているから、逆に腰痛で悩んでいる方がなかなか減らないのでしょうね、、、

正しい情報を伝えていくように今後も努めていきたいと思います^ ^

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

次回は『身体を捻った際の腰痛』についてお伝えしていこうと思います^ ^

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせのロゴ


「WEBサイトを見た」とお伝えください。
TEL:080-7986-3836
  

受付時間:9時〜21時

LINEからのお問い合わせ

LINE友達追加

上記から友達追加をしていただきメッセージを送信してください。

メールフォームからのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文