ブログをご覧いただきありがとうございます!!
福岡市東区香椎の整体院、体質改善整体豊の宮原です^ ^

本日もお身体の痛み、体質のことでお悩みのあなたにとって、役に立つ情報をお伝えしたいと思います♪

最近は動作別に腰痛の原因となる筋肉をお伝えしております。

今までは

をお伝えしてきました^ ^

もしお悩みの腰痛が上記にありましたら、ぜひそちらからご覧くださいね!

さて、今回は『腰を捻った際にでる腰痛』の原因になりやすい筋肉についてお伝えしていきたいと思います^ ^

動作別 腰痛の原因

腰を捻った際に出る腰痛編

腰を捻った際の腰痛というのは結構多いんじゃないでしょうか?

  • 人に呼ばれて振り返った際に
  • 歩いていて方向転換する際に
  • スポーツで捻る動作が多い
  • 手を伸ばして物をとろうとして

身体を捻る動作というのはけっこう日常の中で多いので、そのたびに腰痛がでるとけっこうな悩みだと思います。

それでは本題。

今までのブログをご覧いただいている方はもうお気づきかもしれませんが、腰を捻るときの腰痛というのはやはり、〝腰を捻る際に使う筋肉〟の硬さが原因になることが多いです。

それでは腰を腰を捻るときに使う筋肉とはどんな筋肉でしょうか?

箇条書きに挙げていきますと

  • 中臀筋(股関節)
  • 大腰筋(股関節)
  • 腹斜筋(腹部)
  • 腹横筋(腹部)
  • 前鋸筋(肩甲骨周り)
  • 広背筋(肩甲骨周り)
  • 僧帽筋(肩甲骨周り)
  • 上腕三頭筋(上腕)

こんなところでしょうか?

やはり股関節周り、肩甲骨まわりの筋肉が多く、お尻の筋肉や広背筋といった筋肉は、どんな腰痛でもだいたい関係しているイメージですね^ ^

絶対、ではありませんが^^;

もちろんこれ以外の筋肉が関係していることもありますよ^ ^

それにこちらが「なんかとりきれないなー」と思うときには〝内臓〟が関係していることもしばしばあります^ ^

ぎっくり腰などでとても多いのですが、腰を捻った際の腰痛が残るときに、右側であれば〝肝臓〟

左側であれば〝心臓〟〝膵臓〟〝脾臓〟といったところです^ ^

こう言うと「え、内臓が悪いのかな?」と思ってしまいがちですが、病気というわけではなくあくまで〝疲れている〟状態です。

内臓も平滑筋という筋肉なので、疲れると硬くなり重たくなります。

そして内臓は腹膜や肋骨にぶら下がっているので、重くなるとそれらを引っ張ってしまい、結果として肋骨や肋骨につながる肩甲骨まわりの筋肉に影響してしまい、腰を捻っての腰痛に繋がっていくわけですね^ ^

それでは今回はこの辺で♪

次回は【立ち上がる際の腰痛】についてお伝えしたいと思います!!

最後までご覧いただきありがとうございました^ ^

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせのロゴ


「WEBサイトを見た」とお伝えください。
TEL:080-7986-3836
  

受付時間:9時〜21時

LINEからのお問い合わせ

LINE友達追加

上記から友達追加をしていただきメッセージを送信してください。

メールフォームからのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文