ブログをご覧いただきありがとうございます!!
福岡市東区香椎の整体院、体質改善整体豊の宮原です^ ^

本日もお身体の痛み、体質のことでお悩みのあなたに
役に立つ情報をお伝えしたいと思います♪

最近は動作別に腰痛がでる原因の筋肉についてお伝えしております^ ^

今まで

についてお伝えしてきました^ ^

さて、今回は題名でもお伝えしたように【立ち上がろうとした際の腰痛】についてお伝えしていこうと思います!!

動作別 腰痛の原因

立ち上がる際の腰痛編

今までのお伝えしてきた動作よりも、日常生活の中でより痛みを感じやす動作かもしれませんね^ ^

床の物を拾うことはなくても、椅子から立ち上がることは誰でも1日1回はありますね^^;

さて、このブログを読んでくださっている方はお気づきだと思いますが、やはり椅子から立ち上がる際に使う筋肉の硬さが腰痛の原因になりやすいのですが、椅子から立ち上がる際はいくつか段階が分かれます。

少しマニアックになりますが、、、

1.座っている状態から骨盤を前傾させて重心を前側に移動させる

2.お尻に乗っていた重心が足の裏へと移動して腰をさらに前屈

3.完全に重心が足に移動して立ち上がる

なので、この動作の邪魔をする筋肉が硬くなっていると腰痛へと繋がるのです。

ここで重要になるのは

  • 骨盤の前傾
  • お尻から足の裏への重心移動
  • 立ち上がり

です。

具体的に骨盤の前傾にはハムストリング、腹直筋、足の裏のへ重心移動、立ち上がりでは大腿四頭筋という筋肉が大事になるので

・ハムストリング
・腹直筋
・大腿四頭筋

といった筋肉が硬くなっている、もしくはうまく使えていないと、立ち上がる際に腰痛として症状にでることがあります。

そして意外なことに〝首〟もこの立ち上がりの際の腰痛に関係があることが多いです!

後頭下筋という筋肉で頭の後ろが付け根にあります^ ^

「なんでそんなところが?」と思いますよね?^ ^

人間は身体を動かす際に最初に首から動かすことが多いです。

この立ち上がる、という動作の時にもまずは首が少し下を向いてから動き出すのがわかりますでしょうか?

以前、お伝えしたことがある〝筋膜〟という組織が関係してくるのですが、首の筋肉が硬くなることによって〝立ち上がる〟という動作の邪魔となり、結果として腰痛に繋がってしまうんですね。

まとめると立ち上がる際の腰痛には

  • ハムストリング
  • 腹直筋
  • 大腿四頭筋
  • 後頭下筋

といった筋肉の硬さが原因となることが多いので、そちらを緩めると腰痛は楽になってきますよ^ ^

それでは今回はこの辺で♪

最後までご覧いただきありがとうございました^ ^

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせのロゴ


「WEBサイトを見た」とお伝えください。
TEL:080-7986-3836
  

受付時間:9時〜21時

LINEからのお問い合わせ

LINE友達追加

上記から友達追加をしていただきメッセージを送信してください。

メールフォームからのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文