痛みの原因はレントゲンやMRIではわからない?

腰痛は必ずしも腰に原因があるわけではない

この表は例えば腰痛があり、病院に行った際に「ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」といった診断をもらう人はたったの15%ということを示しています。逆にいうと85%の方の腰痛は『原因がわからない』と整形外科医は発表しているのです。

しかし!!実はこれだけではありません。 「ヘルニア」や「頸椎症」、もしくは「変形性膝関節症」と診断を受けた方でも実は本当の理由は別に隠れていた、ということはザラにあります。
※全ての症状が改善可能ではありません。手術が必要な場合も必ずあります。

もしレントゲンやMRIをとっても 「手術するほどではない」もしくは「骨に異常はない」と言われた経験がおありなら、その痛みは骨のズレや軟骨がスレていることが原因ではないかもしれません。

痛み止めの注射や薬は症状を抑えるだけで根本的な解決にはならない

痛みを感じると早くその痛みから解放されたいがために、病院でブロック注射や痛み止めの薬を処方してもらうことがあると思います。
しかし注射や薬はあくまで痛みの信号をブロックしているだけなので根本的な解決にはなりません。

もちろん必要な物であることは間違いありませんが、痛み止めでごまかして仕事をするうちに、状態が悪化してしまった。という話をよく聞きます。
私は注射やお薬は常用するものではない、と考えています。 痛みの本当の原因を知り、根本的な解決をしませんか?

患部=痛みの原因ではない

腰痛の原因はレントゲンやMRIではわからない?

今まで整骨院や整体院に通って、患部をマッサージしてもらったり、電気をかけてもらったりという経験はございませんか?

「そのときはいいんだけど…」という声を多く聞きます。 実は慢性的な痛みは患部と全く違う場所が痛みの原因になっていることがほとんどです。

それこそ腰痛なのに首が原因だったり、肩こりが下半身から来ていることが当たり前なのです。 患部をマッサージしてもらい、そのときは気持ち良くてもそれは根本的な解決にはなりません。

〝通ってもらう〟ではなく〝卒業〟してほしい

腰痛は必ずしも腰に原因があるわけではない

当院では〝卒業〟してもらうことを前提とした施術プランをもっています。

実は痛みがとれる、ことと痛みがもどらないことはまったくの別問題。

痛みが取れたあとも痛みを振り返さないためのセルフケアやNGな生活習慣をカウンセリングでお伝えさせていただき、アフターケアまで徹底させていただきます。